動物図鑑

ラット
ラットの特徴

ラットの治療例

子宮蓄膿症

子宮蓄膿症

子宮に菌が入り、膿がたまる病気。
症状が進んでいたため、開腹し膿を
摘出しました。お腹が膨れ上がり
出血があればかなり進んでいます。
高齢になると免疫力が落ち頻発します。

かかりやすい病気

呼吸困難(ゼイメイ呼吸音)
鼻炎・体重減少・赤色涙
切歯の不正咬合
赤色涙(色素涙)・毛膜萎縮症
サルモネラ急性/慢性の腸炎・ディザー病
寄生虫感染(原虫・ギョウ虫・条虫)
慢性進行性腎症
骨折・斜頚
皮膚疾患(細菌/真菌/ノミ/ダニシラミ)
腫瘍(乳腺腫瘍が一般的)

□呼吸器疾患

□歯牙疾患
□眼疾患
□消化器疾患

□泌尿生殖器
□その他

食事について

ラット用ペレット + 野菜・果物

自由に食べさせることも問題ありませんが
体重の15%の量を超えると食べ過ぎで、寿命が短くなります。
1日あたり5%程度を心がけ、制限して与えてあげると
長生きにつながります。

病気を遠ざけるライフポイント

通気性が良く、清潔な場所を好みます。

アンモニアの蓄積により、呼吸器疾患を発症しやすくなるので
まめな掃除が必要です。

ストレスを溜めない注意を。

ストレスを感じたり、疾患を伴うと
赤色涙や鼻汁を発症しやすくなります。

強すぎる照明が年齢と共に負担になることも。

加齢が原因で網膜萎縮症を起こしやすく
さらに明かりが悪化させてしまうことがあります。
(アルビノ系ラットでよくみられます。)

水分を大量に摂るようになれば食事で改善

多飲多渇や重度の蛋白尿の症状があれば
慢性進行型腎症の可能性があります。
高齢のラットによくみられる症状ですが
カロリーとタンパク質の適切な制限をすれば予防になります。
(エサに含まれるタンパク質の量を4〜7%に)

最適な環境

動くことが大好き

十分に運動できる空間が必要です。
また隠れる場所や寝床、その他遊びがある住まいを
作ってあげることが大切です。
敷床は吸収性のものや新聞紙で常に清潔に。

このページのトップへ

(C) NILE EXOTIC AND SMALL ANIMAL HOSPITAL ALL RIGHTS RESERVED