動物図鑑

チンチラ
チンチラの特徴

チンチラの治療例

不正咬合

前歯の伸び過ぎ

遺伝の場合もありますが
ケージの金網をガリガリかじり
歯根が弱ることで不正咬合となる場合が多く、
食欲不振になり他の病気に繋がりかねません。
専用ドリルで適切な長さに削ります。

かかりやすい病気

不正咬合
下痢・腸重責・毛球症・鼓張症・脱腸など
肺炎
内耳炎による斜頚・ビタミンB欠乏・感染
糸状菌・外部寄生虫・膿瘍・毛噛み
陰茎周囲に被毛が絡み、カン頓包茎となった状態
熱射病・骨折

□歯牙疾患
□消化器
□呼吸器疾患
□神経疾患
□皮膚疾患
□毛環
□その他

食事について

乾草 + 大さじ1〜2杯のペレット

乾草は高繊維質飼料・チモシーがおすすめ
おやつ程度に少量の果実・野菜も可

繊維がとにかく必要なので
ペレット単一の食事は避けましょう。

病気を遠ざけるライフポイント

暑さと湿度が大の苦手

28℃以上で多湿の環境だと
熱中症になる危険が大です。
1年を通して高温多湿にならないよう心配りが必要です。

砂浴びが生活習慣

毛並みを整えるために週3〜4回の砂浴びが必要です。
過剰な砂浴びは刺激性角膜炎の引き金になります。
使用しない時はケージから外してあげることが懸命です。

最適な環境

とっても活動的。十分なスペースが必要です。

良く動き回るので、高さと広さに余裕のあるケージが
ストレスなく過ごすことができます。
また、ケージの金網は四肢の外傷を予防するために
小さければ小さいほうが安全。(15mm×15mm)

このページのトップへ

(C) NILE EXOTIC AND SMALL ANIMAL HOSPITAL ALL RIGHTS RESERVED